リペア仕上がりイメージ

弊社のリペア技術は交換の数分の一の価格で修復するサービスです。従いまして、交換と同等の仕上がり(色、質感、耐久性)をイメージされてもご希望に沿えない場合があります。交換と同等かそれ以上の仕上がりをお求めの場合は、交換をお勧めいたします。

アルミホイールの塗装

○塗装の際、埃の混入を細心の注意をして施工しますがミリ単位の埃の混入は防ぎきれません。

○補修箇所の装着物はすべてマスキングでの塗装となります。取り付け部に僅かなマスキング跡が残ることがあります。

○施工箇所の形状によっては細部までの塗装が出来ない場合があります。その場合は若干のザラツキが生じる場合があります。

○オリジナルカラーは日焼けや経年劣化などにより部分的に異なる場合があります。調色を行い出来る限りオリジナルに近いカラーで塗装しますが、100%一致するものではありません。未塗装部分とわずかな色合いの違いが出る場合があります。ホイールの場合は2本又は4本セットでご依頼する事をお勧めします。

アルマイトのホイール

○補修部分と未補修部分の境目に研磨によるわずかなアルマイト塗膜の境目が残ります。補修箇所を知らない方は気づかない程度の境界線となります。

○研磨による鏡面仕上げとなります。十分な光沢が出ますが新品同様の光沢は出ません。

○鏡面仕上げでは塗装がはがれやすくなるためクリアー塗装は保障出来ません。

下地成型

○ホイールの傷や欠け補修の下地成型では僅かな歪が生じる場合があります。補修箇所を知らない方は気づかない程度の歪となります。

デントリペア

凹みの裏から絞り作業を行いますので、以下の注意事項があります。

塗膜が割れる可能性があります。

表面上は確認できなくても、塗膜剥離・クラックが生じている場合や傷がある場合などは塗膜が割れやすい状態になっており、技術上の問題がなくても割れることがあり、完全に防ぐことはできません。

鋼板の伸びが大きい場合は絞り切れないことがあります

深い凹みなど鋼板が伸びきっている場合は、止むなくわずかな歪を残す場合があります。

色味が変わる場合があります

メタリック・パールなどは絞り作業によって金属粉・雲母粉の並びが変わり色味に違和感が残る場合があります。

※いずれの場合も、修理代・代車費用その他一切の保障は致しません。